7/20日 発売東京ウォーカーに”肌再生幹細胞Dr.Cell化粧品”が掲載されます。良かったらチェックしてくださいね!

★肌再生幹細胞美容「Dr.Cell」

Yahoo News 


C・ロナウドがCL準決勝で復帰へ テニス界のスーパースターも受けた“幹細胞治療”とは!?

Soccer Magazine ZONE web 4月29日 7時20分配信

コメント

画期的な治療法

C・ロナウドがCL準決勝で復帰へ テニス界のスーパースターも受けた“幹細胞治療”とは!?

早期復帰を目指すロナウド【写真:Getty Images】拡大写真

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは現在、右太もも裏の負傷で戦線離脱中だが、5月4日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦のマンチェスター・シティ戦での復帰に向けて幹細胞治療という特殊な治療法によって早期復帰に近づいているという。英地元紙「サン」が報じた。

レアルの「今世紀最低の補強10人」 地元紙が選ぶ”銀河系軍団”の獲得失敗例とは

C・ロナウドは21日に行われた第34節のビジャレアル戦(3-0)でオーバーヘッドキックを敢行し、右太もも裏を負傷。24日のラージョ戦(3-2)や26日のシティとのCL準決勝第1戦(0-0)を欠場していた。

30日に行われる次節レアル・ソシエダ戦は欠 場となる見込みだが、来月4日に予定されているシティとのセカンドレグでの復帰を目指してリハビリを行っている。

そして、ロナウドは復帰に向けて「幹細胞治療」を行うことになっているという。これは、テニス界のスタープレーヤー、ラファエル・ナダルが膝を負傷した際に用いた治療法で、血液や骨髄などから健康な細胞を採取し、静脈注射で体内に戻すことで負傷箇所の回復スピードを早めるもの。

肌再生人幹細胞培養液Dr.Cell化粧品ハーバード大学幹細胞研究所で開発された臍帯幹細胞成長因子の分離技術を保有して、肌の美容に最も効果的な8つの成長因子growth factorを選択的に分離培養。アメリカ国際特許FDAとSwiss medic のライセンス

認証研究所からのバイオ安全性テスト通過。アレルギー・アトピー・妊婦の方に良。バイオメカニズムが頂点である16-21歳の成人の体脂肪間葉幹細胞を使用。幹細胞培養技術世界No1CHAMEDITECHでの培養。

世界No1イムメディカル化粧品Dr.Healux:EGFと高ポリフェノール配合を合わせることでより相乗効果UP

肌の表面は皮脂膜でおおわれているうえに、細胞間脂質によるバリア機能があるため本来、水溶性/高分子は浸透しにくい構造になっています。しかし人幹細胞培養液Dr.Cell化粧品はPiko-DP化された分子は皮脂膜と細胞間皮脂との親和性の高い特殊なコーティングにより極めて難しいとされた肌への高い浸透性を実現しました。産官提携による卓越したサイエンステクノロジー誕生!Piko-DP化技術で効果的にお肌の深層まで届け細胞再生に期待できます

博士おすすめ施術化粧品を1~2ヶ月使用し、肌細胞を20歳肌に細胞再生するお手伝いをさせていただきます


             世界最先端美容人幹細胞培養液Dr.Cell 


                 ハリ・弾力・透明感

幹細胞培養液

VEGF血管内皮成長因子

bFGF線維芽細胞成長因子

KGF皮膚細胞因子

TGF-β形質変換成長因子

IGF-Iインシュリン様成長因子

プロコラーゲン

HGF肝細胞成長因子


★幹細胞とは?

幹細胞とは、組織や臓器に成長する元となる細胞で、ほとんどの臓器や組織中に存在しています。木の幹

から枝葉が分かれていくように、いろんな細胞に変身できる能力を持った細胞です。私たちの体の始まりは

あらゆる器官になる可能性を秘めたES細胞(胚性幹細胞)であり、このES細胞が内胚葉・中胚葉・外胚葉

へと分化し、すべての器官が生まれてきます。内胚葉は、食道・胃・腸・肝臓などに分化し、中胚葉は、骨・

筋肉・血管・生殖細胞などに分化し、外胚葉は、皮膚・神経・脊髄・歯・口などに分化します。

★幹細胞はどうして大切なのか?

わたしたちが怪我をしたり病気になると、細胞も怪我をしたり死んだりします。このとき、幹細胞が活躍します。

幹細胞は怪我をした組織を治癒させ、死んでしまった細胞を補います。こうすることで、幹細胞は私たちを

健康に保ち、早すぎる老化を防ぎます。幹細胞はわたしたちの体の中の小さなお医者さんです。


Facebook